心療内科でうつ病を改善しよう│ストレス決別ドクター

若い世代のうつ

受験期に発生しやすい

心と聴診器

日本国内では、特に社会人になって増えると言われているうつ病も、現代では高校生や中学生がうつ病を発症させることが多くなっていると言われています。昔に比べても、中高生の過ごし方が変わってきているのも1つの要因となっていますが、中高生にみられるうつ病は、受験期に発症することが多いと言われています。特に高校生の場合青年期となり、本格的に自立への道を歩み出すと言われています。そのため、感情が安定しない人も多く、受験へのプレッシャーと自立心との葛藤からうつ病にかかってしまうケースがあると言われています。不眠と睡眠の過多が交互に発生する人や、慢性疲労、引きこもりや集中力の低下などが症状として挙げられ、これだけみると一般の人でも症状としてあらわれることがありますが、うつ病の場合はこの症状が日常生活に影響を与えていることがほとんどです。日常生活が困難になる程の症状が現れてしまった場合には、心療内科へ診察に行ってうつ病の検査をしてもらうのが良いでしょう。受験期の場合はできるだけ親が気にかけてあげて、子供の状態を確認してあげることも大切です。

勉強中心の生活はうつになりやすい

心療内科にうつ病の検診に来る若い世代は、その原因が受験だけでなく学業不振の場合もあります。特に勉強に対するプレッシャーが強い環境で育った子供や、これまで成績優秀であったのが急に成績不振になってしまった場合は注意が必要です。自分自身ではこれまで同様にしっかりと勉強をしているのになかなか成績が上がらない、成績が伸びないという場合、うつが原因となっているケースもあります。うつ病になってしまうことによって余計に集中力が低下し、勉強に集中できないということになるので、できるだけ勉強以外にも取り組めることを見つけておくことも大切です。うつ病は基本的に普段の体調不良の状態と変わらない症状が多い為、うつ病と気づかない場合や、逆にうつ病じゃないのに病気と信じこんでしまう場合もあります。このようなことを防ぐ為にも正しい情報を理解しておくことが大切なので、心療内科や精神科医などに、気軽に相談しに行くのが良いでしょう。子供も親も正しい知識を身につけておくことによって、高校受験や大学受験も万全な状態で挑むことができます。気になることがあれば、すぐに専門家へ相談しに行くことも一つの対策方法といえます。