心療内科でうつ病を改善しよう│ストレス決別ドクター

副作用が無い治療

身体の負担を考える

心の診察

現在日本国内の心療内科では、うつ病の症状を緩和させる為にも多くの治療が取り入れられており、クリニックによって治療方法や費用が異なります。うつ病の症状も人によって違う為、これまでは症状に合わせて抗うつ剤を処方するクリニックが多くありました。しかしながら抗うつ剤の場合は吐き気や喉の渇き、体重増加や頭痛など人によって副作用が出てくる場合があります。副作用はうつ病患者にとってはかなり辛いものとなり、ひどい人になると薬の服用を勝手にやめるという人もいます。医師の処方によって出された薬をやめることによってうつ病が進行してしまうキッカケにもなるので、現代では患者の負担を減らす為にもできるだけ抗うつ剤を使用しない治療が求められています。その中で開発されたのが磁気刺激治療という方法で、最近では日本でもこの治療方法を取り入れるクリニックが増えてきています。磁気を利用した治療の場合、実際に脳に磁気で刺激を与えて治療を行ないますが、治療中も少し頭皮に痛みが走るか歯痛がある位で基本的に副作用がほとんど無いと言われています。これまで心療内科で治療をして抗うつ剤で身体に負担を感じたことがある人や、他の病気を併用していて薬の服用ができないという人は磁気刺激治療などを取り入れたクリニックを利用するのが良いでしょう。

脳に刺激を与える

身体に対して副作用が無いと言われる磁気刺激治療方法ですが、この方法はうつ病は心の病気だけでなく脳の病気でもあるということが発覚した頃から取り入れられるようになった方法です。うつ病患者の脳は、健康な人の脳に比べると、血流が上手く行き渡っていないことが多く、脳の機能が低下しているケースがほとんどです。その実証がされた現在では、多くの心療内科で脳に対する直接的な治療が行われるようになっています。磁気刺激治療では、脳の前頭部分に刺激を与え、神経を通じて扁桃体と呼ばれる場所に更に刺激を与えます。この扁桃体と呼ばれる部分は、人間の感情と密接に関わっている部分なので、刺激を与えて脳の活動を活発化させることによってうつ病にも大きな効果があると言われています。この治療方法の効果には個人差はありますが、薬物治療に比べると直接的な治療ができるので、今後も広く普及していくことが予想されています。